スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のヨーロッパ周遊記:オーストリア・グラーツ編

ぐーてんたーく!
今回はウィーンから南へ2時間ほど下ったところにあるグラーツについてです^^

グラーツってどこ!?という人→グラーツ

AIUの提携先にグラーツにある大学があります。
FH Joanneum University of Applied Sciences University of Applied Sciences(ヨアネウム応用科学大学)

そこへ留学中の友人を訪ねて宿泊代を浮かそう久しぶりの再会を果たそうという目的。



ウィーンのOBBでグラーツ行きのチケット購入。
「英語喋ってくれるかな…ガクガク」状態で行きましたが難なくクリア。
「あと30分後に5番ホームから出るわよ。」と親切に教えていただきました。

駅構内で朝食にプレッツエルを買って1人でもしゃもしゃ。
人生初のプレッツェル。
プレッツェルうめぇ。塩加減と若干のもっちり感がたまらん。


もしゃもしゃしている間にグラーツ行きの電車到着。
私の乗った車両はコンパートメント式。
だがすでに満室…2時間立ちっぱなしは辛いなーと思い唯一見つけた席がココ↓
P1020654.jpg

なんだか子ども用の遊び場っぽい空間だったのですが、大人もおるしええか…と。
(もちろん彼らは子どもの保護者)
きゃっきゃ遊んでいる子どもたちを温かい目で見ていたらいつの間にか寝ていて起きたのが目的地。
こういうことってよくあるよね☆


というわけでグラーツ駅!!!
184304_197507243610121_100000525407761_660364_6157573_a.jpg
なんともモダンな…

実はこのグラーツ駅には特別な思い入れがあったのです。
あれはGW中、ケータイの電波も入らぬ角館の山奥にある温泉旅館で住み込みバイトをしていた頃…
休憩中にふと見たTVでやっていたのがコレ→鉄道模型ちゃんねる
番組内でグラーツのジオラマを作っていたのですが、
隔離された閉鎖空間に嫌気がさしていた私にヨーロッパの町の風景は元気を与えてくれたのですよね。
今までは憧れでしかなかったヨーロッパが手の届く範囲になるという高揚感。みたいな。

テレビの向こうで見たグラーツ駅を生で見た時、
「ついにここまできたんや。」とちょっと感きわまっちゃいましたよ。



グラーツ駅まで友人に迎えに来てもらい久しぶりの再会!
以前から濃いキャラだったのですが、オーストリア成分が混ざりさらに強くなっていました。
もう、誰も彼女の天然ボケを止めることはできないと思うんだ。


町は割と坂道。雪道になっているからちょっときつかった。

182651_197507410276771_100000525407761_660369_5552874_a.jpg
何やら王室御用達…?あーちがうかも。 とにかく有名なところらしい!!!笑

184053_197507483610097_100000525407761_660371_1513878_a.jpg
ゆきだるさん

180772_197507740276738_100000525407761_660379_8357121_a.jpg

182456_197508146943364_100000525407761_660393_2837047_a.jpg

182842_197507376943441_100000525407761_660368_5139803_a.jpg
冬になると街中に現れるスケートリンク


トラムは日々の移動手段!
senro.jpg


町全体を見渡せる展望台へ行きます。

183982_197508390276673_100000525407761_660404_5636645_a.jpg

184069_197508113610034_100000525407761_660392_4739063_a.jpg

時計台(なんか文化遺産らしいぞ!)
180706_197508263610019_100000525407761_660399_6234533_a.jpg


mahi.jpg

yoru.jpg


グラーツのクリスマスマーケット

kuri.jpg
建物に光が投影されててキレイ。しかもコレ、動くんだぜ!!!

kurisumasu.jpg
寒いのにやっぱり集まる人。
ココで飲んだベリーホットワインがvery nice....
各町のクリスマスマーケットごとに異なるホットワインマグもかわゆい!!!

182056_197507946943384_100000525407761_660386_448620_a.jpg

185608_197507913610054_100000525407761_660385_2801477_a.jpg
寒さが身にしみるのに、刺さってくるのに、クリスマス時期の雰囲気はやっぱり柔らかいんだよな。


グラーツのおいしいもん( ´ω`*)

ケバブ
kebabu.jpg
オーストリアにもケバブ屋が多いです。でかい・うまい・やすい。
イギリスのあれはケバブじゃない。トルコへジャンピング土下座しないといけない。
そんなレベルでひどいです。

チョコレートケーキ
180444_197507763610069_100000525407761_660380_7064717_a.jpg
ほろ苦く甘い。
美味い国のケーキはやっぱり美味いんだな。

名前忘れた。
183452_197508486943330_100000525407761_660408_1660866_a.jpg
グラーツ駅構内にあるSPAで購入可能!!パンに好きな肉を挟んでもらえます。
要はサンドイッチ。
でもこれがうめぇんだよな。しょっぱさ具合が絶妙。
お手ごろにお腹いっぱいになれます。


第2の都市と言いつつも、やっぱりのんびりしている町だなーと思いました。
そして美しい。
ビジネス専攻ならば候補に入れたかった留学先。
なかなか忙しい大学だそうですが笑

3日間の滞在でしたが、グラーツ市内を見回ったり、友人の友達たちとご飯を食べに行ったり、作ってもらったりと楽しく充実していました。
なにより、グラーツで1人逞しく生きていた友人の成長っぷりに尊敬。
こういうのが何気に自分のエネルギーになったりするのですよね。

グラーツへ来てよかった。


というわけで次なる目的地はドイツ・ミュンヘン!


on the way to Munich...
180558_197508646943314_100000525407761_660412_3535021_a.jpg

この山の向こうは…きっとスイス!!!

冬のヨーロッパ周遊記:ドイツ・ミュンヘン編へつづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ゆうこ、こんな感じにグラーツ紹介してくれてたなんて感激だわ。
にしても、すごいきゃら濃い人みたいになってるけど、実際薄いからね!!
読者の期待が高まってしまうではないか!?!?えにうぇい、ゆーこが楽しんでくれてよかったわー。早く会いたいよー!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。