スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン旅行記;スペイン、グラナダ編

今回はグラナダについて!!


グラナダへはセビーリャよりバスで3時間ほど。€19くらいです。
チケットは直接セビーリャのPrado de San Sebastianバスターミナルで購入できます!
トラムの最終駅付近にあるので行きやすいです。


スペインのバスはかなり快適かつ電車移動よりやすいのでとても便利です。
切符もバスターミナルで購入できますし、国内をめぐるのならバス移動がおススメ。



グラナダは私が高校生の時からずっと訪れたかった町、不動のNo.1だったのです。
なぜかというと、そこにはアルハンブラ宮殿があるから!!!

地●の歩き方先生曰く、『イスラム芸術の最高傑作』。
外見はただの城壁なのですが、内装がそれはそれは美しいのなんのって、イスラム調の繊細かつ洗練された細工があたり一面に施されているのです。最高です。ハァハァ(`・ω・´)

33568_158940824133430_100000525407761_401569_5206887_a (1)


なぜカトリックの国にイスラム?という人にはこちらを→『スペインの歴史』

簡単に言うと昔々、スペインにはイスラム勢力がいすわっていてグラナダもその一部だったのです。
これじゃやべぇ。ってのでカトリック勢力がレコンキスタ(国土回復運動)を始めます。
それによって南へ追い出されて行くイスラム勢力。
その時イスラム最後の砦だったのがグラナダなのです。


ちなみにアルハンブラ宮殿、事前予約でチケットを購入するこをとおススメします。
(アルハンブラ入場チケットサイト)

入場制限を設けているので、当日チケットが売り切れていることもしばしば。
入場は「午前の部」(14:00まで)「午後の部」(14:00から)「夜の部」があるそうです。
あまりにもじっくり見ていると時間がなくなります。わりとアルハンブラ宮殿は広いです。
大人€12。


以下写真とか。
アルハンブラ宮殿内部はこんなかんじ!!!

入口
かなり森の神殿っぽいです。スタルチュラ出てきそうです。
(わかる人だけわかればいい…。)
225565_214687131892132_100000525407761_778107_2878138_a.jpg

コマレス宮
46283_158941207466725_100000525407761_401600_3682564_a.jpg

二姉妹の間(たぶん)
58133_158941204133392_100000525407761_401599_4862833_a.jpg

イスラム芸術の幻想世界と言われたアルハンブラ宮殿ですが、レコンキスタによってカトリック側へ渡された以降は人々の記憶から忘れ去られ、荒れ果てて行くばかり。ですが19世紀にワシントン・アービング作『アルハンブラ物語』で再び世界の注目を集めたそうです。

壁の装飾はこんなかんじ。
36064_158941054133407_100000525407761_401587_1129312_a.jpg
イスラム調の繊細さがツボすぎる…

62696_158941200800059_100000525407761_401598_5307220_a.jpg

建物の一角にふと現れる緑の庭はオアシスの様ですよー
33609_158941214133391_100000525407761_401602_5064407_a.jpg

46331_158940244133488_100000525407761_401525_2084227_a.jpg

36186_158940247466821_100000525407761_401526_5019629_a.jpg

宮殿内の住居地区だったところ。
36186_158940240800155_100000525407761_401524_1515049_a.jpg
今は遺跡っぽくなってますが…
ココからはアルバイシンというイスラム教徒によって作られた住居地区が見渡せます。

ちなみにアルバイシンは丘になっていて、ここからアルハンブラ宮殿が一望できるのです!!
夕暮れになるとぞろぞろと人々が集まり、夕日に染まるアルハンブラ宮殿を眺めています。
33573_158941217466724_100000525407761_401603_6328480_a.jpg

33568_158940830800096_100000525407761_401571_1902927_a.jpg
アルハンブラはアラビア語で『赤い城』というのがスペイン風に転じたものだそうです。
亡国が作った産物だからなのか、夕日に照らされると一層物悲しい雰囲気になります。
ひっそりとかつての栄華の余韻を伝えている感じがたまらんです。

アルバイシン地区のサン・ニコラス展望台付近
44885_158940834133429_100000525407761_401572_4162545_a.jpg


展望台人でいっぱいだったねー(´・ω・`)と
友人としょんぼり歩いてたら、レストランのナイスミドルが「うちの店からはキレイに見えるよー」と見せてくれました。
230714_214687098558802_100000525407761_778106_4288805_a.jpg
予約客がまだ来ていないから大丈夫!と招き入れられたのですが、内心ぼったくってくるんじゃないかと疑っていました。←好意を疑ってすみませんでしたー。
ここのお店はベストスポットすぎた。ちなみにSan Nicolasっていう名前だった気がする…。
ここのレストランは良いに決まっている。スタッフさんが良い人やからー!!!


アラブ街

ごちゃっとした細い通路にお店が連なっています。

37202_158941354133377_100000525407761_401609_4284591_a.jpg

お守りだそうです。
33881_158941370800042_100000525407761_401614_717368_a.jpg

狭くうす暗い店内でランプが大量に売られていました。
62569_158941357466710_100000525407761_401610_8294109_a.jpg

33485_158941477466698_100000525407761_401616_4759497_a.jpg
写真じゃちょっとあれですが、実際に見るとキレイなのです。
衝動買いしたくなりましたが、自重…。

アラブってことで、イスラムイメージしたお店や、お隣のモロッコ料理レストランやらがたくさんありました。

40138_158941490800030_100000525407761_401620_5149643_a.jpg

37949_158941504133362_100000525407761_401624_5192600_a.jpg

あ、そうそう。
壁が白く塗られているので、青い空に映えてとても綺麗なのですよ。



夏のアンダルシアは『スペインのフライパン』と例えられるほど熱いのですが(実際太陽に殺されかけましたが)想像する『The Spain』に出会えるのはやっぱり夏のアンダルシア地方なんじゃないかと思います…。旅の際はくれぐれも水分補給、麦わら帽子、サングラスは忘れないでください。
また、アンダルシアはグラナダのアルハンブラ以外にも、コルドバのメスキータのようなイスラム文化のかおりがするエキゾチックな魅力のある土地です。
この1年間を通して、色々ヨーロッパを回ってきましたがやっぱりアンダルシアが一番色濃く思い出に残っていますね。かなりおススメです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。