FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン旅行記:ビガン編

さ、帰国したことだし今までの旅行記をまとめて書いていきたいなぁと思いました。
あと、これからフィリピン生活、フィリピン留学する人たちの役に立つような記事を書きたいなと・・・^^

今回は昨年末に行ったビガンについてです。



12

ビガン歴史地区は北ルソン、イロコス・スル州の州都。
1572年にスペイン人がやってくる前から国際的な港として栄えた街で、
スペイン、中国、メキシコなどさまざまな影響がみられる。らしい←

1999年に世界遺産に登録されています。
町並みがきれいでしょ~。
ヨーロッパ行ってないのに行った気分になるよ!笑

ビガンはマニラから長距離バスで9時間。
まぁまぁ快適です。でもだいたいフィリピンの長距離バスはエアコンガンガンなので、
長袖を忘れずに。私はパルタスというバス会社使ってQUBAOから乗りました。
料金は一人500ペソ(1000円)ほどだったかと。

友達と4人で行ったのですが、
夜にバスに乗って、朝着くパターンでいいよね~ってかんじで夜9時ごろ出発したら

朝4時ごろビガンについたー笑

真っ暗だったのでトライシクルに乗りメインストリートへ。
ホテル予約してぶらぶらしてました。

日が昇ってくるとカレッサ(フィリピンの馬車)に乗れます。
カレッサは観光地ならどこでもあるんだけど、乗るならビガンおすすめ!
街の雰囲気がすてきだし、300ペソ(600円)でのれちゃいます(2人乗り)。
というか交渉次第です!!
マニラのイ●トラムロスとかだと2000ペソとかぼったくられるらしいね。

149871_1688450727796_1133540669_1844828_6390029_n_convert_20110408191302.jpg

カレッサにのるばーばの図。
このまま海にいったよ!

ビガンはエリア的にも小さいので週末にブラっといけちゃいます。まさに小旅行。
友達とビール飲んでのんびり過ごすもよし、カフェでのんびり過ごすもよし(結局のんびり・・・)
少しあるけば教会や大聖堂もみることができます^^

ただビガンでこれだけは食べておけ!!というもの3つ。

Empanada(大きい上げ餃子のようなもの):キャベツや豚ひき肉、生卵などを包んであげてあります!ビガンにはこれの屋台があるのでぜひ食べるべき!ビールにあいます^^
bibinka:もちもちしたケーキのようなものです。有名なフィリピンスイーツなんだけど、ビガンがビビンカで有名みたいです。
Longanisa:フィリピンの代表的なソーセージで朝食とかによく出されます。フィリピンのどこでも食べることはできるんだけど、味付けが甘い!でも、ビガンのロンガニーサはめちゃめちゃおいしかった。フィリピンの白米とセットで食べるとうまし!

そんなかんじでマニラから気軽にいける世界遺産、ビガンでした~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。