FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行バスで隣の人が変人だった時の対処法

ちゃお!再びゆうこだよ!


今日はパリ→ロンドン間の夜行バスでのお話。




パリーロンドン間は飛行機の移動、ユーロスターという電車での移動、そしてユーロラインを使ってのバス移動などなど様々にあります。
電車での移動が一番早くて便利だと思うのですが、年末年始の切符代が高くて断念。
しかたなく夜行バスで移動することにしました。


ちなみにお値段は€48。乗車時間約7時間。
そんなに悪くない。





というわけでパリのガリレニバスターミナルから出発!
check in deskでチェックインをしないといけないのですが、要領の悪さにイライラ。
時間ねぇし。急げしフランス人!!


まぁ私の後ろにも人おるし大丈夫やー。どうせバスも送れるしなー。と落ち着かせる。

時間厳守国家日本では考えたこともなかった。
ここではなんとかなるやろ!と思ったことが実際何とかなっちゃうから困る。

(そのくせ銀行やスーパーの閉店時間だけはかなり厳守してんですけどね。笑)



やっとバスに乗れたはいいものの、席がない!!
なんかガタイのいい割に超気分悪そうなおじさんの隣以外席がない!!

背に腹は代えられぬ…とそこに座ることにしました。


この選択が凶源だったとは知るはずもなく…
(以下、凶源のお話へつづく)

隣で「うぅ…うぅ…」とうなり続けるおじさんがしばらくすると突然話しかけてきました。

おじさん:「○×▽~×○☆□~?」(´∀`)
ゆうこ:「すみません。フランス語わかりません。」
おじさん:「ノーノ―!えっと、ロンドンへ何しに行くの?旅行?」
ゆうこ:「いえ、イギリスに留学中なので今から帰るところなんです。」
おじさん:「へーそなのー。僕はモロッコへ行ってたんだよー。」
ゆうこ:「モロッコですか!?どんな感じでした?」
おじさん:「よかったよー。食べ物のいいし、マッサージが何より良かった!!」


と、こんな感じでモロッコでの思い出を語ってくれこちらも適当にあいづちしたりしてたんですよ。
ロンドンのピかデリー付近に住んでるらしくロンドンの話とかもしてたんですが…



顔の距離が近い。


トルコ出身のイギリス移民。だからか知らんけど、めっちゃ距離近い。
私の方から顔を覗き込むように話してくる。

m_migiwa03.jpg

まさにこんな感じ。

更に腕とかも組んでくるし。
てめぇは私の彼女でもなんでもないだろうが。


だんだんうざくなってきたのでマフラーを顔までぐるぐるに巻いて完全シャットアウト。


それでも話しかけてくるおっさんに
「いいかげん寝たいので話しかけないでください。」ときっぱり断言。


しばらくはおとなしかったおっさん。
しかし突然むずっと私の手をとり
中指の骨をバキーっていわしてきました。


ゆうこ:「ななななな何してんねん!?
おっさん:「のーのー!ただモロッコで体験したリラクゼーションをやってあげようとしただけだよ!!ね?気持ちいでしょ?」

とドヤ顔で自分の指の骨をバキバキいわしてくるおっさん。


これには完全にキレた。
うざい通り越して、このおっさんは不快である。

無視して寝なおしたら

おっさん:「違うよー!触ろうとしたんじゃなくて、本当にリラックスしてもらいたかっただけなんだよー」
ゆうこ:「わかった、わかった。もういいから睡眠妨害しないでね。」

zzz…

おっさん:「わかったけど、君。マフラーを顔にあてて人と話すのは失礼だよ?^^」


( ゚д゚)ポカーン

人の手を勝手にバキバキ言わしてるてめぇはどうなんだよーーーーーー!!!!!!


その時やっと気付いた。
このおっさんは変人なんだと。


そう思うとさっきから横太ももにずっとおっさんの手の甲が当たってる!!
しておっさんの手をずっと股間あたりでもそもそしてる!!!



おいおいおいおい。
ちょっと待て。
バスの中で抜くのはやめろ。
ダメ絶対!!!!!



なんかずっと「ぶらぁはぁ。ぶらっつはぁ。」ってうめき声あげてるし、「うぅぅぅっ」って呻いてるし、息荒いし!!!!!
そして前かがみなのが一番それっぽいからやめてーーーーーーー!!!!!


隣に救援を求めようと半泣き状態で見ると…




カップルがしっかり脚を絡め合わせてスヤスヤ寝ていました。^^


この時ほどリア充爆発しろと思ったことはない。



異変に気付いた隣前の兄ちゃんが「おじさん、大丈夫?」って声かけてきたが、

兄さん。声をかける相手は私ではなかろうか?


おっさんもおっさんで「大丈夫だ。問題ない。」って言ってるし。

いや、大丈夫じゃねぇだろが。お前の頭は完全に問題ありだろうが。



もう完全シカトで寝よう。
目を覚ましたらロンドンだ…。


数分後、目を開けた私の隣には




裸のおじさんが座ってました。


^p^





えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!?!?!?!?




いやいやいやいやいや。笑
もうキモイ、不快通り越して笑いしか出てこないんですが。笑


え?何がしたいの?この人?笑
暑いの?笑
それとも脱ぐと気持ちいいの?笑



これは絶対ネタにしなくては…と考えてるとトイレに行きたいのか、突然立ち上がったおっさん。
私が通路側だったので座ったまま脚だけひょいっと避けると、なぜか目の前で立ち止まる。


おっさん、きたないケツが目の前にあるんですが。
てめぇのごっそり生えた背毛が良くみえるんですが。


いいかげんうんざりして、
「ちょ、ちょ、おっさん!!早くどいてよ!何がしたいんよ!?」
と小突いてみても反応なし。


今度は強めにペチペチ叩いてみても反応なし。



もっと強くないといけないのか!?
豚相手にス○ンキング的趣味は特にないのだが!?



これにはさっきの兄ちゃんもドン引きで
「おじさん、なにしてんの?そして君、席移動した方がいいよ…」と声かけてきました。



「移動っつったって…このバス満席じゃん。どこにシートあるんだよ…」
と半ばあきらめた顔で言うと


乗客1「君の席は奥にあるよ!!!」
乗客2「一番後ろが空いている!!」
乗客3「ここだ!!」


ぺかーぁぁっ
私が顔を向けた先には一筋のライトが照らすシートがあったのです。


地獄の中での一筋の光を見たよ。まじで。




そんなこんなでおっさんの隣を脱出!!
もう二度と太ったトルコ系おっさんの隣には座りたくない。

つか早く紳士の国イギリスへ帰りたい…うぅぅ。
例え変態紳士って言われてても変態の汚いおっさんよりはまっしだ…





ドーバー海峡を渡る際にイギリス移民局のチェックを受けないといけません。
同じヨーロッパ内でもイギリスへ入る時は絶対いるんだよね…。

チェックは割とすんなり終わります。
これも日本パスポートのおかげなのか…。

私の目の前の人は何回もチェックを受け、別室へ案内されてたぞ!!かなり焦ったぞ!!



チェックが終わり、バスに戻るとヴォルテモード的フードを被った隣のおじさんがぶっきらぼうに話しかけてきました。
ちょっと早くて聞き取れなかったので聞きなおすと、
簡単な英語に直してパスポートチェックはどのくらいかかるんだ?と聞いている模様…。
適当に1時間くらい?と答えなおす私。(実際は30分くらいだったっていう。)


その後も間を置いては話しかけてくるおじさん。

「どこから来た?」「日本です。」
沈黙…
「何しに来た?」「留学です。」
沈黙…
「どこで?」「リーズ大学です。」
沈黙…
「日本の大学は?」「国際教養大学というところです。秋田という北日本にあります。」
沈黙…
「それは北にある島のことか?」「その島の下らへんです。」
沈黙…
「そうか。」「はい、そうです。」
沈黙…
「あなたはパスポートチェックを受けなくてもいいのですか?」「あぁ。まぁな。」
「それはイギリス人だから?」「そうだ。イギリス人だからだ。」(若干のドヤ顔)


あー
ガツガツ来ない典型的イギリス人の会話だーーー
イギリス帰って来たー

このおじさんはさっきのおっさんと違ってシュッとしてるし、何より無音で寝てるよ!!
「ぶらっはぁ!!」とか言わないよ!!!
すごいよ!!かっこいいよ!!おじさん!!!!


その後も無事にドーバー海峡を船で渡り、
(この時はバスを降りて船に乗り込むんだぜ!免税店もあるんだぜ!!)
ロンドンへ到着!



降り際にさっきのおじさんが
「残りのイギリス滞在楽しんでくれ。良い一日を。」
ってサラッと言って去って行ったよーーーーーーーーーー!!!!

逆隣りのフランス人の女の子3人組にも
「君たちもイギリス滞在を楽しんでくれ。」
って声かけてたよーーーーーーーーーーーー!!!!!!



なんたる紳士。
なんたる紳士。
なんたるしんしぃぃーーーーーーー!!!!!!!!



これがあれか。
噂に聞くツンデレイギリスのデレなのか!?


もうイギリス大好きです。



今回の旅でハンガリー、オーストリア、ドイツ、チェコ、フランス…と5カ国訪れましたが、

例え飯まずでも
例え変態紳士でも
例え栄誉ある孤独を未だに貫いていても


自然と列を作り並んで待つ
ドアは次の人の為に開けておく
レディー優先


どこか無愛想だけど相対的に優しくて親切なイギリスがやっぱり良いなと思いました。
(ただし酔っぱらっている時を除く)



こんな感じで今日は終わりー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして!

aiuに興味がある高校生です。
前からこのブログは読んでいたのですが、今回のエントリーが余りにも面白くて笑わせて頂いたので、コメントしてみました(笑)

海外にいると日本では出来ない色んな体験が出来ていいですねw

これからもどんどん珍体験upして下さい(^-^)/

コメントありがとうございます!
以前から見てくださっているようで嬉しいです。これからも珍体験UPできるよう色々なところへ行ってきます笑

427ブログはかなりぐだぐだな感じですが、少しでもAIUの良さが伝わればと思っています^^

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。