FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン旅行記:ポルトガル、コインブラ編

思い出したかのようにこの夏のスペイン旅行記続編。
(カナラズオワラセルノデス!)



ポルトガルの北部ポルトへマドリッドから移動。
その後クインバラというポルトから南へ2時間ほど移動したところへ滞在。


×クインバラ→○コインブラ(Coimbra)
クインバラってどんなスペルやったっけ~と思ってググッたらまさかの427がヒット。
それで間違ったことに気づくって言う恥さらしー///








↑ランキング参加中。ぜひクリックおねがいしまーす


つづきは以下!!
"コインブラ"は丘の上にそびえ立つ名門コインブラ大学を中心とした大学町です。こじんまりとまとまっていて、かつポルトガルらしい石畳の坂の町!!
ちょっぴりノスタルジックな雰囲気の漂う本当に歩いているだけで楽しいところです。
治安は極めて良好!!(気をつけるに越したことはありませんが…)


RIMG0554_convert_20101111061451.jpg
↑丘の上のちっこい塔が大学内にある時計台

RIMG0487_convert_20101111061307.jpg

RIMG0667_convert_20101111061857.jpg

s_RIMG0671.jpg

坂道だらけの町。常に斜めで酔った…


RIMG0639_convert_20101111061543.jpg
いぬー


信じられるか…これ大学なんだぜ…
s_RIMG0618.jpg
コインブラ大学

s_RIMG0613.jpg
確かlanguage department


RIMG0660_convert_20101111061634.jpg
ポルトガルお土産定番「バルセロスの鶏」
バルセロスを象徴する有名なシンボルはニワトリで、ポルトガル語ではオ・ガロ・デ・バルセロス(o galo de Barcelos、バルセロスの雄鶏)という。これにはいわれがある。昔、金持ちが酒宴を開いた。宴の真っ最中、金持ちは自分の純銀製の食器類が客に盗まれたことを知った。彼は旅人に疑いをかけて宴の席へ連れてこさせた。旅人は自分の潔白を主張したが、誰も彼を信じなかった。金持ちはまさに焼いた鶏肉を食べようとしていた。すると旅人は言った。『私が無実なら、このニワトリが三度鳴くでしょう。』旅人がそれを皆の前に掲げると、ニワトリは鳴いた。旅人は解放された。(wikiより)

RIMG0753_convert_20101111062130.jpg


RIMG0691_convert_20101111062009.jpg
ポルトーコインブラの中間にある海。
コインブラ案内をしてくれた2人が良く来る海だそうで…。夏でもかなり温度は低い。こんなん入れない。


3泊させてもらったのですが、存分にポルトガルステイを楽しめました!!
ポルトガル料理もおいしかったし。

彼女らいわく、ポルトガル料理はスペイン料理より味がやさしいそうな。
なにかとポルトガル人はネタとしてアンチスペインやったなー笑


そしてアンチリスボンでもあったんですよねー。

『絶対ポルトガルはリスボンより北のポルトとかコインブラの方がいいから!!』


だそうで、大阪人が東京嫌うのとか、リーズ人が「ロンドン?へぇー(・ω・)」っていうネタ的な感覚!?
どこででも首都ってやっぱり僻まれるのねww

RIMG0764_convert_20101111064826.jpg
@コインブラ駅
腕の入れ墨かっこええです。おじさん!



コインブラを離れる際にみんなから
『リスボンはココみたいに安全じゃないからね!?観光客は狙われるから絶対気をつけてね!!』
って口うるさく何度も言われたんですよね、


そんなに言わんでも~笑 ヘラヘラ~

と思ってたら



さいふすられたー(^p^)


→to be continued
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。