スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学葬2013/3/17:ばーば

お久しぶりです。ばーばです。
facebookにアップロードされている後輩の卒業式の写真を見ながら、
もう自分たちの卒業から1年経ったという事実に気づかされ、
時の流れの速さに只、驚かされています。

この1年私もゆうこも秋田から離れ、新たに社会人としての一歩を踏み出していました。
もうAIU関連記事を書く事も無くなるんだろうな、と思っていた矢先、
今年の2月14日、国際教養大学の創設者である中嶋嶺雄学長が亡くなられました。

自分を育ててくれた大学を設立した学長の急逝はあまりにもショックで、
なんらかの方法でお別れの言葉と、感謝の気持ちを伝えたいと思っていたところ、
卒業生も参加可能な大学葬の案内が来たので、
先日3/17に1年ぶりに秋田の国際教養大学に行ってきました。
まさかこんな形で大学に戻るとは思ってもみませんでしたが。


自分の今住んでいる場所からは秋田は遠いし、有給も取らないといけない事になるので
行くまでにかなり悩みましたが、結果、行って本当によかった。

特に印象的だったのは卒業生が作ったメッセージビデオの上映で、
ビデオの中で学長が学生のインタビューに答えているシーンです。
学生の「19歳に戻れたら、何をしたい?」という質問に対して
「AIUを受験したい!」と笑顔で答える学長を見て、あぁ、この人は本当に
この大学が好きなんだなと実感すると共に涙が溢れてきました。

どういう思いで学長がこの大学を作ったのか。
私たちがどういう人材になる事を、彼は望んでいたのか。
彼の意志を受け継いで、私たちがやるべき事は何か。
そういった事を再確認できた1日でした。

「英語を使って国際的に働ける人になりたい」という漠然とした高校生の時の夢を具体化してくれたのは、他でもないこの大学を創った学長です。

大学葬に行く前は、会社員としてただルーティーンワークをこなす日々が続いていたけど、
原点に戻る事が出来た気がします。
出来の良い生徒では決してなかったけれど、AIU生を卒業した一人として、
学長の夢でもあった「グローバルな人材」に少しでも近づけるように
これからも仕事をがんばっていきたいと思いました。


R.I.P Dr. Nakajima, and thank you so much for giving me a precious time in AIU.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。