スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Incredible Austarlia:シドニー番外編

シドニー滞在4日目にブルーマウンテンに行きました。

シドニーから車で1時間くらいにある大自然を感じる事の出来る観光スポット。
スリーシスターズと呼ばれる巨大な岩や、rain forestの中を散策したり、都会シドニーでは見られないオーストラリアの自然に触れることができた。

私たちはツアーを申し込んでいたのでバスでブルーマウンテンに向かったのですが
途中公園みたいな所でトイレ休憩があった。

当然、トイレも公園の中にある山小屋みたいな感じ。
そこで個室に入ってドアを閉めると。

ヤツがね、いるんです。
こっちみてるんです。
フィリピンでは何度もみた。日本でもちょこちょこみた。
あの忌まわしき、Gが。

しかも日本やフィリピンのそれとは比べ物にならないくらい、デカイ!!!
あと、すごい茶色い。これ、チャバネなんとかってやつ?
私は叫び声をあげることもできず、そっと用も足さずに外に出ました。
(叫ぶとGを刺激してしまうのではと思って声だせなかった)

そうすると後ろに並んでいたオーストラリア人のおばちゃん。
「どうしたの?」と聞かれたので
「コックローチが・・・」と泣きそうになりながら告げると
なんと、勇ましく個室に入って行った。

何するかと思えばティッシュでソレを鷲掴み。
山小屋の外にポイ。
空いた口が塞がらない私とぐっち。

ヤツは飛べずに山小屋の前でジジジジ、ジジジジって鳴きながらなんか悶えてる・・

それをおばちゃん、ダメ押しで蹴り上げる。
そして高笑いしてた。

尊敬と共に、少しゴキ以上の恐怖をこのおばちゃんに抱いてしまった、そんなシドニー4日目の昼。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。