スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接開始 ~面接官vs私~

こんにちは。ゆうこです。
私の就活体験記最終話、面接について書き残しておこうと思います。



面接なんですが、ESよりは気楽でした。
それは実際に会う方が相手の顔が見えるから話しやすいし、
文章じゃ伝えきれない事をわかってもらえるんじゃないかなーと感じたから。

まぁ、面接官は何を見てるか知りませんけどね。



私の場合、面接官との相性が良かったのだと思います。
ほんと良かったのだと思います。
運命レベルだったと思います。


話やすくて、割と本当に感じたことを落ち着いて言えたんですよね。
それが向こうの求める人材にあったのだと思います。
たまたま好印象にとってもらえただけで、他の企業では面接したとたん落とされていました。



キャリアの人に言われたことがあり、
「就活は受験じゃない。受験みたいに何度も合格するまで受けれるものじゃない。一度落ちたら終わり。
正しい答えができた人が受かるわけでない。面接官との相性の差で決まったりするアンフェアなもの。」

と。


あーなるほどぅ。
確かにそうなのかもしれません。



そのまま某建設会社から内定いただくことができ就職活動を終わらせたわけです。


が・・・

周りに比べあまりにも何も知らず就職活動終わらせて、
これで良かったのかと悩まなくないことはなかったのですよ。
でもですね、どこで働くかより自分がどう生きていくかの方がやっぱり大切なわけで。
満足の行く就活ができても、入ってからの方が大切じゃないですか。
期待と違うことなんていっぱいあるじゃないですか。

だからこそ、まぁとりあえずやってみよう。というのが就活後の心境です。





AIU生の生活紹介ブログということで、やっぱり就活について書いておこうと思っただけで
アドバイスなんかにならないですから!!!!
就活率100%なんて謳われていますが、こういうことを考えてる生徒もいるのです。

あと良く言われるんですが、AIUにいるから内定がもらえるなんてことはないです。
そんな大学ないです。
したら誰でも行くっちゅーねん。
大学だけでとるならばもっと知名度の高い大学から取ればいいではないですか。
それをわざわざ山奥の大学まで来るということは、何かしら生徒に魅力を感じていただいているのだと思いたい。


だから就職を目的に国際教養大学を志望しないでほしい。
4年間かけて出会うであろう様々なことを通し自分の成長を望む人がこれからも増え続ければいいなと思います。
あと純粋にAIU面白そう!!!と感じてくれる人!!!
そーいう人がたくさん入学してきてもらえたら嬉しいです。



そしてこんな拙い文章ばかりのブログですが、
そこから国際教養大学の面白さ、辛さ、あれやこれやらを少しでも感じ取ってもらえれば
作った甲斐があったというものです!!!


最終回のような雰囲気出てますが、まだしばらくどうでもいいこと続きますから!www
今日はこの辺で。(`・ω・´)ノシ
スポンサーサイト

志望動機 ~将来何したいの?私?~

こんにちゃーー!!!
ばばさんが韓国へアバンチュールしている間に黙々と更新します。

ゆうこの就活体験談その3ですえ!


今回は志望動機について!


自己アピールだけでなく、志望動機でも苦しみましたよ。
言語能力のなさに驚愕ガクガクだったよ。
文系で言語能力がないってまじ終わってるよね。


文章力がないってのも確かなんですが、「しっかりとした志望動機がない」っちうのも問題だったんですよね。

この企業で働きたいなーなんて思いはあるんですよ。
でも具体的には?どんなことしたい?
そういうのを自分の言葉で言えないといけないわけで。


そこを考えるのが難しかった!!←


なぜ難しいのか!?
それはきっと、
「私がしたいことは○○で、○○はその会社でできる。だから志望!」
じゃなくて
「その会社では○○をしている。その会社を志望してるから、私は○○を自分のしたいことにする。」
みないな?

その企業に入るために自分の強みや動機を作っていたような面があったと思います。正直。
だから難しかったのかと。


作ったはいいものの、こんなの自分の本音じゃない。
だから友達につっこまれても反論ができない。浅い意見しか出てこない。
そして一体自分は何がしたかったのか、何が言いたかったのかわからなくなる。
いけない部分をまた作りかえる。
⇒負のループに陥る。


話の上手い人、器用な人はこんな風に話しを作ってもクリアしていけるのかもしれない。
そーいうテクニックがあるのかもしれない。

でも自分…不器用ですから…
本音で語らないと駄目だったんだよね。
ちょっと自分を作って受けた面接はことごとく落ちましたよ。



例え具体的なビジョンがないのに、その企業にどうしようもなく惹かれている時、
そこで働いている先輩に「どうして志望したんですか?」と聞きました。
真似するためでなくて、「共通点を見つける」もしくは「新しい見かたを見つける」ために。


ここが就活におけるターニングポイントその2でした!

人の考えを聞いて何か得てくるということ。
同じ就活をしている仲間から話を聞くのもアリですが、
就活を終え、実際に働いている先輩や先生といった別視点の人達から聞く話で自分の周りでは思いつかなかった突破口が見えたりするもんです。



その時私はとある総合商社の面接を受けるつもりだったのですが、
その会社に惹かれるっちゃー惹かれるんですが、どうも志望動機が自分の本心じゃない感じでした。

困ったのでその商社で働いているOBの先輩に連絡とったんですよ。
先輩の場合、志望動機は「途上国の人達の生活を便利にできるビジネスができたらいいと思った。」で、
その人はパナマに留学していた経験からそう思ったそうです。


あれ…?
この感じ…前にもあったような………
!!!

私もインドで何とかしたいって思った、でも無力さしか感じれなかった事あったじゃない!!!
でも、もし自分でビジネスを打ち立てれる商社ならば…あの現状が少しでも良い方向になれるようなビジネスを作れるのかもしれない…
今まで志望動機にしてた「日本の技術力を海外に広めたい」というものよりも、
こっちの方が自分の本当のやりたいことだと気づきました。

先輩の話しが自分の引き出しを開けてくれたんですよね。



あーわかんねぇ!
とグルグルした時、人から話を聞いたりするのはやっぱり良いです。
そんな時、「話し聞いてよ」って言える、「話し聞くよ」って言ってくれる人たちが周りにいっぱいいる環境は恵まれてるなーと。
そんなAIUで過ごしてきた先輩たちだから話しもしてくれるし、聞いてくれるんですよね。きっと。


こんなかんじで就活体験談その2でした。

たぶんその4へ続く。

自己分析 ~自分はなんて屑なんだ~

こんばんばん。


今日は私の就職活動体験談(その2)です。

東京のキャリアフォーラム参加後、AIUにて本格的に就活開始!!!

とりあえず就活を終えた友達に何をすればいいか?聞きまくってましたね。
ESの書きかた、自己分析、WEBテスト、面接練習…
ありがとう。みんな。



でも自分でなんとかしなければいけないパートももちろんあるわけでして、

特に自己分析に関しては毎日自問自答する日々の繰り返しでした。

自分の強みとはなんなのか?
人に語れるようながんばったことはなんなのか?
どうしてその会社に入りたいのか?
どのように会社にとって自分は利益になるのか?
自分はどんな人間なのか?


こーいう面接で聞かれる当たり前のような質問の答えが全く出なくて、
たとえ出たとしてもみんなからは

「だから何?」
「意見が弱い」
「何が言いたいわけ?」
「全然納得できない」
「そんなのががんばったことなの?」

とグサグサ痛いところ突っ込まれてました。


自己分析やってると自分がほんと空っぽの人間に思えてきて
どうしようもなく情けなくなりましたよ。


今思えばこーいう風に聞けばキツイことも言ってくれる環境が、
やっぱり就活におけるAIU生のアドバンテージなのかな。
なんてね。


そん時は「なんて自分屑なんや…」とか泣きそうやったけど。笑



結局自己分析が完成しないまま就活終わっちゃいましたよ。←
普通ならありえへんかもしれんけど、夏の就活はこーいう面で特殊だったのかもしれない…


その3へ続く!

就職活動 ~SYUKATSU始めました・夏~

こんばんばん。


今日は私の就職活動体験談(その1)です。
今まで全く触れていませんでしたが、一応私も就活やっておりました。


3年の夏に留学へ行ったので、完全に出遅れスタートでしたね。
でもなんとか内定を頂くことができました。
まずはじめに、3年夏留学=絶対4年半or5年卒というわけではない!ということを言っておきたいです。



4年の6月中旬に帰国後すぐに就活を始めるつもりだったのですが、
実際にはエントリーシートの書きかた、エントリーの仕方、就活how toなんて全くわかりませんでした。
まったく就活をなめきってましたね。

「世界で認められる日本の技術力を支えたい、海外へ広めていきたい」
そんなぼんやりとした事しか考えていませんでした。


帰国直前にとある重工企業が留学先の大学へ説明会に来たんですよね。
せっかくだから行ってみようと思ったのが私のターニングポイントその1!!!
1時間の説明会で一瞬にしてこの会社の虜になりました。笑
それ以来私の志望業種は「重工」。
漢字からイメージする規模の大きさ、そして技術力の高さにビビッときのです。


帰国後すぐに就活開始。

初めに東京ビックサイトで行われた留学生向けキャリアフォーラムに。
(その時コミケが同時開催されており、羨望の眼差しで見ていたりとかは決してしていない。)
120社ほど企業ブースが参加。
一日で7社ほどしか回れませんでしたが、企業の説明会は刺激になりました。
いろんな会社があって、それぞれ社会での役割があって、世の中回ってるんだなーと。


将来自分はどの会社で働くことになるんやろか…
まだまだしっかりとしたビジョンがなかったあの頃。
後にこの甘さが裏とでる事を私はまだ知らない。



就活体験談その2に続く。

就職活動について:ばーば

続けて就職活動についてまたまた書きます。

実は今週、行きたかった企業から内定をいただき就職活動を終える事にしました。
不特定多数の人が見るブログにこういうお知らせをするのはどうかな、とも思ったんだけど、
やっぱり1年からずっと続けてきた427ブログに書き残しておこうと思います。

就職活動をしていて思ったのは、十人十色、自分にあった就活のスタイルがあること。
そしてそのスタイルを信念を持って貫く事が大切なのではと思いました。
そうすれば早かれ遅かれ結果はでる。
マニュアル本通りじゃなくてもいいんだよ、とこれから就活する人に伝えたい。

ささ、そんな感じでこれから何をしようかなと今考え中です。
とりあえず学内アルバイトをちょこちょこやります。

7/17のオープンキャンパスにもボランティアで参加する事になりました!
詳細はこちら↓
http://www.aiu.ac.jp/japanese/admission/admission0401.html

AIUの受験を考えている方々はぜひ参加してみてください^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。